Valiable Length Subnet Masking(VLSM)

Networkにおける基盤的なコンセプトがSubnettingである。Subnettingとは、大きなSubnetを複数の小さいSubnetに分割することである。
Variable Length Subnet Masking(VLSM)により、Subnetは様々な種類の長さに変更することができる。

 

たとえば、/24は二つの/25ネットワークに分割でき、4つの/26ネットワークに分割でき、8つの/27ネットワークに分割できる。

VLSMはClassless NetworkingおよびClassless InterDomain Routing(CIDR)と混同される。VLSMとClassless Networking, CIDRは関連があるが、異なったIP Addressingコンセプトを元にしている。

Classless NetworkingはClass A, Class B, Class C, Class Dのネットワークの縛りから実際のIPアドレスを解放することである。Classless Networkでは、10.x.x.xのサブネットは/8である必要がない。

CIDRはSubnetを一つのグループにまとめる方式のことである。CIDRにより、連続したサブネットをそれぞれ個別に管理する必要なく、参照することができる。たとえば、192.168.0.0/24、192.168.1.0/24、192.168.2.0/24、192.168.3.0/24を192.168.0.0/22で表現できるということである。
CIDRは大きなNetworkでは非常に効果的で、Routing TableのサイズやAccess Listの行数の削減に役立つ。

Pocket

コメントを残す