Multiple Spanning Tree(MST)の基本

802.1s Multiple Spanning Tree

 

MSTPはIEEEに準拠しており、複数のVLANをマッピングすることで、Spanning Treeのインスタンスを減らすことができる。
Multiple Spanning Tree(MST)や、Multiple Instance Spanning Tree(MIST)などと呼ばれる。

同じMSTPのparameterのセットを設定し、MSTのRegionを作成する。MSTPではIEEE準拠を満たすため、共通のSpanning Treeとして、すべてのMST regionを代表する内部Spanning Treeを有効にする必要がある。
以下の手順でMSTPを設定する。
Step1 MSTPをグローバルに設定

spanning-tree mode mst

 

Step2 MST configurationサブモードに入る

spanning-tree mst configuration

 

Step3 MSTのリージョン名を決定

name name

 

Step4 configurationのrevision番号を設定

revision REVISION番号

 

Step5 MST instanceにVLANをマッピング

instance interface vlan range

 

以下のコマンドで簡単にMSTPのconfigurationを確認することができる。

show spanning-tree mst configuration
show spanning-tree mst VLANID

Pocket

コメントを残す