InternetへのMultihome構成

————T1————[ISP1]——>To Internet
|
[R1]
|
————T1————[ISP2]——>To Internet

A small enterprise connects its office to two ISPs, using separate T1 links.
A static route is used for the default route, pointing to both interfaces with a different administrative distance, so that one of the default routes is preferred.
Recently the primary link has been upgraded to a new 10 Mb/s Ethernet link. After a few weeks, they experienced a failure. The link did not pass traffic, but the primary static route remained active. They lost their Internet connectivity, even though the backup link was operating.
Which two possible solutions can be implemented to avoid this situation in the future? (Choose two.)

A. Implement HSRP link tracking on the branch router R1.
B. Use a track object with an IP SLA probe for the static route on R1.
C. Track the link state of the Ethernet link using a track object on R1.
D. Use a routing protocol between R1 and the upstream ISP.

長々と紛らわしい説明が書いてあり、Primary linkを10Mbpsに変更した、などというノイズも混じっているが、issueは冗長化リンクを導入したのに、障害時にfail overしなかったということである。

primary static routeの記述から、優先度を付けた二本のstatic routeでfail overを想定していたと考えられる。

static routeが消えるのは、nexthopにreachabilityがなくなった時か、trackingなどで意図的に落とすなどが一般的である。

選択肢AとCはよく組み合わせで使用されるが、今回のケースでは、元々切り替わりを起こす事ができなかった理由が網内故障にあると考えられる。にも関わらず、local linkのstatus changeをトリガとして経路を変更しようという選択肢は誤りである。

選択肢BのIP SLA probeはIP SLAでreachabilityを定期的にチェックし、それをobject trackingして、downなどの場合にstatic routeに通知するというものである。

この方式であればlocal linkを超えてdownを検出できるため、網内故障時でもlinkを切り替えることができる。IP SLAでicmp echoを設定する相手についてはISPによるが、PE Routerか、網内コアRouterなどが考えられる。

ただし、IP SLAの送信元(この場合R1)からResponderへの距離が離れれば離れるほど、JitterやDelayの影響をうけやすくなり、packet dropの可能性が高まる。そのため、IP SLA設定に設けるしきい値は事前に計算しておくべきである。

選択肢Dにおいては、ISPとの間でRouting Protocolを使用することを謳っている。この場合のRouting ProtocolはDynamic Routing Protocolと読み替えて考えればよいと思われる。

つまり、現在のstatic routeの方式ではなく、BGPなどに変更するということである。

Pocket

コメントを残す