Hot Standby Router Protocol(HSRP)

Hot Standby Router Protocol(HSRP)により、冗長したRouter構成をとることができ、高い可用性を提供することができる。HSRPはActiveとStandbyを選出するRouterのGroupによって構築される。
Active RouterはPacketをRoutingするRouterとして選出され、Standby Routerは、Active Routerがダウンした場合や、ほかの条件に合致した場合に、Activeの役割をtake overする。

Router Discovery Protocol(IRDP)をサポートしないhostにとって、Gatewayとして選定しているRouterがReloadや電源断で使用できない場合に、新しいRouterにGatewayを変更することができないため、HSRPは有用な手段である。

HSRPがNetwork上で設定された場合、HSRPは仮想MACアドレスと仮想IPアドレスをHSRPが動作しているRouter Group内で共有する。HSRP GroupのIPアドレスは仮想IPアドレスである。Group内のひとつのRouterが、Active Routerとして選出される。

Active Routerがダウンした場合HSRPはそれを検知し、あらかじめ選出されているStandby Routerが仮想MACアドレスおよび仮想IPアドレスを引き継ぐ。さらに、Standby Routerもそのタイミングで選出される。HSRPはmulticast UDPベースのHelloパケットで、Routerのダウン検知や、Active/Standbyの選出を行う。

Interface上で、複数のHot Standby Groupを設定することができる。それにより、Load Sharingなどの動作をさせることも可能である。設定時は、Hot Standbyコマンド上で、それぞれにグループ番号を設定する必要がある。

HSRPをinteface上で有効にするには以下のコマンドを使用する。

 

standby GROUP ip IPADDRESS

 

最低限必要な設定は上記のみであるが、HSRPの動作を細かく設定するには、その他のコマンドも熟知しておく必要がある。

Hello Packetの間隔及び、Active Routerがダウンしたと宣言するまでのhold timeを設定するには、以下のコマンドを使用する。

 

standby GROUP timers TIMER(msec) hellotime TIMER(msec) holdtime

 

Hot Standby Priorityを使用して、Active Routerを選出することができる。Priorityの値は1から255である。Priority値は高いほうがより優先的にActiveに選出される。

 

standby GROUP priority PRIORITY

 

より高いPriorityを設定することにより、任意のRouterを優先的にActiveにすることができる。さらに、Preemption Delayを設定すれば、Delay時間が経過後に、Hot Standby RouterはActive Routerになる。
standby GROUP preempt [delay {minimum DELAY | reload DELAY | sync DELAY}]

 

他のinterfaceをtrackするような設定をすることもできる。他のinterfaceがダウンした場合、Hot Standby Priorityが下がるような設定をすることもできる。

 

standby GROUP track TYPE NUMBER [INTERFACE PRIORITY]

 

仮想MACアドレスを設定することも可能である。

 

standby GROUP mac-address MACADDRESS

 

Pocket

コメントを残す