Gateway Load Balancing Protocol(GLBP)

Gateway Load Balancing Protocol(GLBP)はある意味HSRPの先を行くテクノロジーである。
ダウンしたRouterのバックアップを用意するだけでなく、複数のRouter間でLoad Balancingを制御することができる。GLBPは単一の仮想IPと複数の仮想MACアドレスを使って、この機能を提供する。

 

GLBPメンバーは224.0.0.102のmulticastアドレスを使い、Helloメッセージを3秒おきに交換する。

GLBPメンバーは、グループ内でActive Virtual Gateway(AVG)となるRouterを選出する。AVGがダウンした場合、残りのRouterからAVGが選出される。AVGは仮想IPへのARPリクエストに対して返答する。AVGhは、GLBPメンバーが受けもつ異なる仮想MACアドレスとともにARP RequestにReplyすることによって、Load Sharingが行われる。

GLBPには多くのオプションコマンドがあるが、設定するprimaryのコマンドは以下のとおりである。

glbp GROUP ip [IPADDRESS [secondary]]

Pocket

コメントを残す