Ethernet

Ethernet

EthernetはIEEE802.3によって定義されるLANに関連する技術のことである。
Ethernet標準はCSMA/CD Protocolを定義している。光ファイバ及びUTPケーブル上で、4つのData Rateが定義されている。

– 10Mbps: 10BASE-T
– 100Mbps: FastEthernet
– 1Gbps: Gigabit Ethernet
– 10Gbps: 10GigabitEthernet

EthernetがそのほかのLAN技術をreplaceするに到ったのは以下のような理由からである。

– 理解、導入、管理、保守が容易
– 導入のCostが低い
– Topology拡張における柔軟性が高い
– 標準技術である

 

802.3

802.3はShared Media型のLAN技術である。初期のEthernetスペックは10Mbpsであった。
EthernetはUTPケーブルあるいは同軸ケーブル上で動作する。

– 10BASE-T: UTP
– 10BASE-F: Fiber
– 10BASE2 : Thin Coaxial
– 10BASE5 : Thick Coaxial

 

802.3u

FastEthernetは100MbpsのEthernetスペックを持つ。Fastが示すとおり、10BASE-Tの十倍の速度を持つ。
FastEthernetはより高速な技術であるが、Frame FormatやMACメカニズム、MTUなどの品質を確保している。この類似性により、10BASE-Tネットワーク上で動作していたアプリケーションのFastEthernetネットワークへの移行を容易にしたのである。

 

802.3z

GigabitEthernet技術により、古い技術的基礎の上で、FastEthernetのさらに10倍の速度の通信を可能となった。

 

802.3ab

1000BASE-TはFastEthernet標準の更なる拡張である。802.3abはGigabitEthernetの速度をCategory5e/6のケーブル上で動作させることができる。既存の物理インフラを利用できる点において、802.3abは、費用対効果の高いソリューションと言える。

 

Long Reach Ethernet

Cisco Long Reach Ethernet(LRE)は、既存のCategory1/2/3ケーブル上で、5Mbpsから15Mbpsの帯域を確保するソリューションである。名前が示すとおり、1000~1500mの伝送が可能である。

 

Gigabit Interface Converter

Gigabit Interface Converter(GBIC)はCisco標準をベースとした、hot swapが可能なinput/outputである。Cisco Network機器のGigabit Ethernetスロットに挿入することで動作する。

GBICは802.3z互換の1000BASE-SX、1000BASE-LX/LH、1000BASE-ZX interfaceがサポートされている。GBICにより、最新のinterface導入が容易になっている。

Pocket

コメントを残す