EtherChannel

EtherChannelにより、複数のLinkを束ねて一つのLinkとして扱うことができるようになる。それにより、帯域の向上と冗長性の利点を得ることができる。EtherChannelは重要となるTrunkで使用することが推奨される。
EtherChannelはSTPのTopology構築にも影響する可能性があることについて、注意しておくべきである。

 

EtherChannel構築において把握しておくべきこと

– すべてのEthernet InterfaceがEtherChannelをサポートしていること

– EtherChannelは最大8ポートまで束ねることができる

– 必ずしも物理的に隣同士のポートを使う必要はない

– EtherChannel内のすべてのポートのSpeedとDuplexは同一であること

– EtherChannel内のすべてのinterfaceを有効にすること

– EtherChannel内のポートにSPANの宛先が含まれている場合、EtherChannelを構築することはできない

– Layer3 EtherChannelでは、Layer3アドレスをport-channel論理interfaceにassignすることができる。

– すべてのEtherChannelポートを同一VLANに所属させること、あるいは、同一Trunkかつ同一Trunkモードであること

– EtherChannel内のすべてのポートで同様の有効Range VLANが割り当てられていること

– 異なるSTP Path costのポート同士でもEtherChannelを構築することができる

– EtherChannelが設定された後は、物理interfaceに設定された内容は物理interfaceにのみ反映される。

EtherChannelのLoad Balancingは、MAC Address、IP Address、L4ポート番号を使用することができる。

また、Source、Destあるいは双方に基づいて行うことができる。

Pocket

コメントを残す