Cisco IOSにおけるAliasコマンドの活用

あまり実際に使われているのを見かけないが、aliasコマンドでよく使うコマンドのショートカットを登録しておくと、作業が楽になる。

特に、検証環境などでルールを作成しておくと、長いコマンドをいちいち打つ手間が省け、作業を簡易化することができる。

aliasコマンドでコマンドショートカットを登録するには、

で行う。

たとえば、show ip route ospfをsiroという名前で登録したい場合は以下のとおりである。

 

このコマンド登録以降は、

 

あるいは

 

で同様の結果を表示することができる。

 

非常に長く、覚えにくいコマンドについては登録しておくことを推奨する。

 

このコマンドはstartup-configとrunning-configの差分を表示できるコマンドであるが、非常に長いため、憶え辛い。しかし、下記のようにalias化しておくと、sharcと打つだけで差分を表示できるようになる。

 

他にも、個人的に検証環境に必ず登録するaliasを紹介しておく。

alias コマンドライン
srb show run | beg
srinc show run | inc
sre show run | ex
srint show run interface
srs show run | section

aliasを登録しすぎると、今度はすべてのaliasを記憶するのが大変になるため、あまりお勧めできない。

私のお勧めとしては、show run系や、show ip route系など、ある一種類のshow系コマンドをalias化しておくのが覚えやすくてお勧めである。

勿論、すべて記憶できるのであれば、aliasによって作業は相当に高速化できるはずだ。

 

Pocket

コメントを残す