Administrative Distance値

Routerが複数のSourceから経路を学習すると、Administrative Distance(AD)値を利用して、Routing TableにinstallするRouteを確定する。
デフォルトのAD値は以下のとおりである。

Source : AD値
Connected: 0
Static Route:1
EIGRP Summary Route: 5
eBGP: 20
Internal EIGRP: 90
OSPF: 110
RIP: 120
External EIGRP: 170
iBGP: 200
Unknown: 255

 

AD値を利用して、Floating Static Routeという考え方を採用することもできる。
通常、Static RouteのAD値は1である。
たとえば、EIGRPを採用しているネットワーク内で、Static RouteのAD値を200に設定したとする。

通常AD値が1であるStatic Routeの経路がRouting Tableから選択される。Static RouteのAD値が200である場合、採用されるのはAD値90のEIGRP Routeである。

AD値200のStatic RouteはEIGRPのRouteがRouting Tableから消えた場合のみ使用されるということになる。

Pocket

コメントを残す