プリンタ選びにわくわく

誠に規模の小さい話で恐縮ですが、最近の私のもっぱらの関心はSOHO用A3対応レーザープリンタです。

現在、仕事で使っているプリンタはA4サイズのインクジェットなので、速度的にも品質的にも非常に心もとないのです。ビジネスを始める前にレーザープリンタを購入するか悩んだのですが、初期費を可能な限り抑えたいという思いがあったのと、可能な限り印刷物を使わないプレゼンをしていこうという思いで、プリンタの購入は見送りました。

現在のところ、A3を印刷する頻度がそこまで高くないことに加えて、必要であれば近くのコンビニでもA3の印刷ができる時代になったので、特に問題なく対応できています。ですが、ふとした印刷物や、お客様からの資料が大きいサイズのもので、紙で書き込みながら確認したいときなど、A3のプリンタがあるといいなあと思うことが増えてきました。

とまあ、そういう趣旨の話をしたかったわけではなく、どのスペックがいいか、どの価格がいいか、どのぐらいの売り上げが立てば購入に踏み切ろうか、そういうことで頭を悩ませている瞬間ですらも、非常に楽しいということです。

これまでの生活では、プリンタの購入にここまでフォーカスを当てて、どうしよう、どうしようと頭を悩ませることはなかったように感じます。狙っているプリンタは、6万円程度のレーザーにしては安価なものです。

この6万円は投資に値するのか。このプリンタを購入したら、自分の仕事にどういうメリットがあるのか。このプリンタを何年使うのか。欲しいのか、必要なのか。トナーがいくらで、紙はいくらで、コストはいくらで、何枚印刷できて、重量は何キロで、発売はいつで。

私はこういうごく当たり前のことですら、今まで満足に検討することができていなかったという事実に気づくのです。自分ができていると思っていたことが、全くできていないこと。自分がハイスキルだと思っていたことが、十分ではなかったこと。そういうことに気づくことができるのです。

自分の実力のなさを客観的に知ることができたとき、私は一瞬だけ激しく落ち込み、地面に膝をつかんばかりの勢いで、自分を恥じます。その後、一瞬で不死鳥のようによみがえり、「今、気付けたのはラッキー!自分はラッキーボーイだ!」と自らを無理矢理、鼓舞します。

こうやって自分が少しずつ成長していけることは、本当にありがたいことだと思います。まだまだ先行き不透明ですが、妻と家族に感謝し、一歩ずつがんばっていこうと思います。

Pocket

コメントを残す